読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流星群の夜には。

大学院生のもやもやモラトリアムの中で、考えたことをつづります。

稲場愛香ちゃん

ブログを通してのコンセプトとか全く無くて、どうなんだって感じはあるのですが、もう開き直って、自分の好きなこと、大切なことを書こうって思う。

 

稲場愛香ちゃん

先日、特別大好きなアイドル、いわゆる推しメンの稲場愛香(まなかん)ちゃんが、カントリー・ガールズからの卒業を発表した。

3か月ほど前からすでに活動は休止していて、その間も寂しいと思ってはいたのだけど、卒業となるともっと寂しい。

ぽっかり穴が空くとは、まさにこのことなんだなぁと、まなかんのいないアーティスト写真を見て思う。

まなかんのことを知ったのは、彼女がハロプロ研修生として活動していたころ。研修生の実力診断テストという審査形式のイベントの映像を、ハロプロYoutube番組で観たことがきっかけだった。ほんの短い動画だったけれど、アイドル性の高さがぴかいちで、とても印象に残っていた。後に、先輩グループの帯同なんかでのパフォーマンスも観て、すっかり虜になってしまった。この子、デビューできるといいな、いや、絶対できるよなーなんて期待していたら、カントリー・ガールズへの加入が決まった。

彼女が既に高校生になっていたということもあり、グループに選ばれた時は、本当に嬉しかった。

「あざかわ」なキャラクターが注目されることの多かった彼女だけど、スキルの高さも際立っていたと思う。

特にダンスの上手さはとにかくすごかった。私は技術的な細かいところが分かるわけではないけれど、彼女がとにかくダンスが好きで、自信をもってのびのびと表現しているのだということは、とてもよく分かった。

チャーミングな声質を活かして、歌唱もどんどんスキルアップしていった。

持前の頭の回転の速さとかわいらしキャラクターで、トークの技術も確かなもの。

生まれ持ったアイドル性があるのはもちろんだけれど、きっと、ものすごく努力家なんだろうと思う(ハロプロ加入前の経歴に鑑みても)。癒しを与えてくれるような優し気なルックス、スキル、キャラクター、そして背後に隠した苦労人でど根性のあるようなところも、すてきだなあと思っていたのだ。

 

つらかった時期とまなかん

非常に個人的な話になってしまって申し訳ないのだけど、私がまなかんおよびカントリー・ガールズそのものにどっぷりハマっていったのは、自分が就活がらみで挫折を味わい、すごくつらい時期にあったのも大きな要因なんだと思う。

夜、寝る寝られない日々が続き、深夜から明け方にかけてYoutube漬け、みたいなことをやっていたのだが、その時に数えきれないくらい観たのが、カントリー・ガールズの2ndシングル「わかっているのにごめんね」のミュージック・ビデオ。

私はその時、「かわいすぎて涙が出る」という経験を初めてしてしまった笑

「頑張って」「諦めないで」みたいな歌を聴くよりもずっと、癒されたし元気が出た。

ハロプロ好きな芸能人の中にも、やはり精神的につらかった時期ハマったとおっしゃる方がいらっしゃるとのことで、一種の「あるある」なのかもしれない。)

調べてみたら、学校からすぐ行けるところでリリースイベントがあるじゃないの!まなかんに会えるならぜひ行きたい!!となって、院試も近いのに(勉強しろよ)行ってしまったりもした。握手の時には「研修生の時から好きでした、頑張ってください!」って言った。騒がしい場所だったし、私も、もごもご言っちゃったので伝わったのかな…でも、まなかんは耳に手を当てて身体を乗り出して聞いてくれてから、笑顔で「ありがとうございます!」って答えてくれた。息抜きにiphoneに保存したまなかんの画像を見たり、カントリー・ガールズのMVを観たりしながら、つらかった院試も乗り越えた。

 

ハロプロ」を改めて教えてくれたまなかん

実は、私がハロプロを聴いていた期間そのものは長い。何しろ、幼稚園~小学校低学年の頃にはモーニング娘。が世の中を席巻していたから。

ソロアイドルも派生ユニット含め、知っている楽曲はたくさんあった。(もちろん今も聴いてるよ。)

でも、「生で観たいな」っていう思いを持つようになったのは、まなかんに会いたい!という気持ちがきっかけになって初めて抱いたものだった。

とはいっても、結局、今に至るまで、リリースイベントと学園祭のイベントにしか行けていないので、「所詮、在宅のくせに」って思われても仕方ないと思っている。

親にひた隠しにしてファンをやっているのと(これが一番でかい。「女が女の子のアイドルが好きなんて、気持ち悪いよ!」ときつめに言われてから、好きじゃないふりをしてる。)、時間的・経済的制約でこれが精いっぱいだから。

だけど、今まで、ライヴと言えばロックバンドのものしか行っていなくて、騒ぐぜ、飛び跳ねるぜ!系だった自分が(笑)、アイドルを前にサイリウム振ったり、握手したりしてるのは、とにかく新鮮な体験で楽しかった。

ライヴで観てみて改めて、彼女たちがいかに練習をしてきているか、お客さんを楽しませようとしているのかを感じて、やっぱり泣いてしまったし。

そして、まなかんを知ったことをきっかけに、以前よりもっともっと、ハロプロそのものを聴きこみ、深く知るようになったなと思う。

新しくリリースされる楽曲を楽しみにするのももちろんだし、昔の曲にも、大人になって聴いてみると違った響き方をするものもあったりと、新たな発見があった。

まなかん大好き!

だらだら書いてるのでそろそろ終わるにするけど、

まなかんにいっぱい励ましてもらったし、まなかんをきっかけにカントリー・ガールズというグループも、そしてハロプロ全体も、たくさん楽しませてもらったよ、というお話。

パフォーマンスもキャラクターもここまで大好きなアイドルは彼女が初めてだったので、やっぱり寂しいし、彼女は今どうしているのかなあって考えたりする。

一つ思うのは、大好きな子には、素敵な人生を歩いてほしいということ。

カントリー・ガールズのまなかんはもう見られないけれど、まなかんの人生は全く持って終わりじゃないんだもの。むしろ、これからがはじまりだってくらい若い。

身体と心を大切にして、まなかんが思う方向に道を進んでいってくれたら、

ファンとしても嬉しいな。

まなかん、いつもありがとう。これからも大好きです。